Menu

瑕疵担保責任について

0 Comment

家を売ることで売り主が負う責任の一つに瑕疵担保責任があります。瑕疵担保責任とはもし売却した家の設備に欠陥がある時、買った人ではなく売った人がその設備を直すために費用を負担することです。実際に瑕疵担保責任という言葉はニュースでも紹介されることが多く、実際に知っている人も多いでしょう。

瑕疵担保責任が発生するのは業者以外の人の売った時です。例えば、家を売ることを検討している人の中には購入してくれる人を募って自身が所有する家を売りたいと考えている人もいます。この時には瑕疵担保責任が発生する可能性があります。
逆に瑕疵担保責任を逃れるために業者に売却するケースもあります。業者が買い取った時には売り主はその責任を負わなくても済みます。
屋根瓦の修理実際に不動産会社の中には不動産買取のサービスを実施してくれるところも多く、瑕疵担保責任を負うことなく売るために不動産買取を利用する人は珍しくありません。

実際に自身が住んでいる住宅であれば雨漏りや内部の腐食などを把握している人が多いです。
そのため、隠さなければ大きなトラブルに発展するケースは少ないです。
しかし、トラブルを少なくするために専門家の意見を伺ってから家を売る人は多くなっています。


外部サイト「高く家を売る研究|ど素人が損した失敗談から教える不動産売却のコツ