Menu

税金等の支払いについて

0 Comment

不動産売却と口座残高家を所有しているだけ固定資産税などの支払いが必要ですが、家を売る時にも税金がかかるケースがあります。
例えば印紙税です。
一般的に家の売り買いの契約をする時には売買契約を結ぶことになります。
この不動産の売買契約を結ぶ時には契約書が必要なのですが、その書類には印紙を貼ることが求められます
通常、印紙税は金額によって異なります。そのため、売買契約をした時の売却価格が高ければ高いほど印紙税が高くなります。

その他の税金には譲渡所得税を挙げることができます。譲渡所得税とは簡単に言えば売ることで売り主に利益が生じた場合、その利益に応じてかかる税金です。例えば購入した時は土地相場はあまり高くなかったが、売却する時は土地が高騰しており多くの利益を得ることになったというケースもあります。そのような人は譲渡所得税を支払う必要がある可能性もあります。しかし、実際にはそのような物件を持っている人は少なく、譲渡所得がプラスでなければ支払う義務がないので、譲渡所得税がかからない人もいます。

税金の他にも家を売ることで不動産会社に仲介手数料を支払うことが求められます。仲介手数料はそれぞれの不動産会社によって異なるので、家を売る前や不動産会社を選択する時に予め把握しておきましょう。


関連記事