Menu

売った後にトラブルの対応をできるだけ少なくするコツ

0 Comment

このように家を売った後に売り主に求められることが多いので、家を売ることを検討している人の中には、トラブルを少なくするために、どのようなことに配慮すれば良いのかを知っておきたいと考える人も少なくないでしょう。例えば瑕疵担保責任に関するトラブルを生じさせないためには、まず住宅の欠陥部分は売る前に購入検討者や不動産会社のスタッフに説明することです。もし瑕疵を隠すとその分トラブルになる危険性があるので、正直に報告するようにしましょう

税金の支払いでトラブルを抱えないためにはまず控除などを行うことができるのかを知ることです。
契約印紙税について控除されることは難しいですが、条件によっては譲渡所得税の控除を受けることができる可能性があります。
譲渡所得税の控除を特別控除と呼びます。
特別控除を受ける条件には自分が住んでいる住居であることなど複数挙げることができます。
しかし、この条件に全て満たすことができれば譲渡所得から3000万円まで控除を受けることができるので、売却を検討する人の中には譲渡所得税を少なくできる人もいます

家を売った後にトラブルの対応を減らすためには税金の控除などの知識だけでなく信頼できる不動産会社を選択しましょう。