Menu

売った後にトラブルの対応をできるだけ少なくするコツ

17年10月02日

このように家を売った後に売り主に求められることが多いので、家を売ることを検討している人の中には、トラブルを少なくするために、どのようなことに配慮すれば良いのかを知っておきたいと考える人も少なくないでしょう。例えば瑕疵担保責任に関するトラブルを生じさせないためには、まず住宅の欠陥部分は売る前に購入検討者や不動産会社のスタッフに説明することです。もし瑕疵を隠すとその分トラブルになる危険性があるので、正直に報告するようにしましょう

税金の支払いでトラブルを抱えないためにはまず控除などを行うことができるのかを知ることです。
契約印紙税について控除されることは難しいですが、条件によっては譲渡所得税の控除を受けることができる可能性があります。
譲渡所得税の控除を特別控除と呼びます。
特別控除を受ける条件には自分が住んでいる住居であることなど複数挙げることができます。
しかし、この条件に全て満たすことができれば譲渡所得から3000万円まで控除を受けることができるので、売却を検討する人の中には譲渡所得税を少なくできる人もいます

家を売った後にトラブルの対応を減らすためには税金の控除などの知識だけでなく信頼できる不動産会社を選択しましょう。

未分類

税金等の支払いについて

17年09月29日

不動産売却と口座残高家を所有しているだけ固定資産税などの支払いが必要ですが、家を売る時にも税金がかかるケースがあります。
例えば印紙税です。
一般的に家の売り買いの契約をする時には売買契約を結ぶことになります。
この不動産の売買契約を結ぶ時には契約書が必要なのですが、その書類には印紙を貼ることが求められます
通常、印紙税は金額によって異なります。そのため、売買契約をした時の売却価格が高ければ高いほど印紙税が高くなります。

その他の税金には譲渡所得税を挙げることができます。譲渡所得税とは簡単に言えば売ることで売り主に利益が生じた場合、その利益に応じてかかる税金です。例えば購入した時は土地相場はあまり高くなかったが、売却する時は土地が高騰しており多くの利益を得ることになったというケースもあります。そのような人は譲渡所得税を支払う必要がある可能性もあります。しかし、実際にはそのような物件を持っている人は少なく、譲渡所得がプラスでなければ支払う義務がないので、譲渡所得税がかからない人もいます。

税金の他にも家を売ることで不動産会社に仲介手数料を支払うことが求められます。仲介手数料はそれぞれの不動産会社によって異なるので、家を売る前や不動産会社を選択する時に予め把握しておきましょう。


関連記事

未分類

瑕疵担保責任について

17年09月28日

家を売ることで売り主が負う責任の一つに瑕疵担保責任があります。瑕疵担保責任とはもし売却した家の設備に欠陥がある時、買った人ではなく売った人がその設備を直すために費用を負担することです。実際に瑕疵担保責任という言葉はニュースでも紹介されることが多く、実際に知っている人も多いでしょう。

瑕疵担保責任が発生するのは業者以外の人の売った時です。例えば、家を売ることを検討している人の中には購入してくれる人を募って自身が所有する家を売りたいと考えている人もいます。この時には瑕疵担保責任が発生する可能性があります。
逆に瑕疵担保責任を逃れるために業者に売却するケースもあります。業者が買い取った時には売り主はその責任を負わなくても済みます。
屋根瓦の修理実際に不動産会社の中には不動産買取のサービスを実施してくれるところも多く、瑕疵担保責任を負うことなく売るために不動産買取を利用する人は珍しくありません。

実際に自身が住んでいる住宅であれば雨漏りや内部の腐食などを把握している人が多いです。
そのため、隠さなければ大きなトラブルに発展するケースは少ないです。
しかし、トラブルを少なくするために専門家の意見を伺ってから家を売る人は多くなっています。


外部サイト「高く家を売る研究|ど素人が損した失敗談から教える不動産売却のコツ

未分類

家を売る人は家を売った後の対応について把握しよう

17年09月27日

実際に家を売ることで現金化できる、固定資産税を少なくできるなどのメリットが複数あり、新しくお家へ引っ越しを検討している人や、相続を受けた物件の売却を検討している人もいます。家を売ることを検討している人の多くは家を売れるまでの過程のことについてしっかりと配慮する人がいます。例えば高く売るためにはどのようなことを把握するかなどです。

見積書実際に高く売るために予め所有するエリアの土地相場を確認しておけば、交渉をする時にその知識を活用したり、売却価格を設定する時にも参考にしたりできます。
また、不動産買取を利用する人の中にはできるだけ高値で取引をするために複数の業者に査定を依頼する人も珍しくありません。
複数の業者に査定をすることで、それぞれの業者の査定提示価格を見比べることができるからです。
そのため、高い査定価格の業者を利用して高値で売ることができます。

また、家を売るためには不動産会社との契約形態について把握することも求められます。例えば一般媒介契約など複数の種類の契約形態があり、その契約形態の種類は家を売る人が選択できます。それぞれの契約形態によって取り入れることができる特徴が異なるので、不動産会社へ売ることを申し出る前から把握しておく人もいます。

このように売れるまでの過程に関して知識を身に付けておくこともポイントですが、売った後のことも考えておくとトラブルを未然に防ぐことができる等の利点があります。今回は家を売った後の対応について紹介します。


関連記事

未分類